2017年10月15日(日)夜9時スタート
(初回は2時間スペシャル!)の
ドラマ『陸王』のキャスト、相関図、
あらすじ情報が出てきました。
 
主演は、役所広司さん。
 
主人公の老舗足袋業者「こはぜ屋」の
四代目社長・宮沢紘一(役所広司)が、

会社存続を賭けて
ランニングシューズの開発に挑んでいく
ヒューマンドラマです!

役所広司さん主演のドラマ「陸王」。

こちらでは「陸王」のキャスト、相関図、
あらすじをまとめていきます!



ドラマ「陸王」基本情報

・TV局:TBSテレビ
・開始日:2017年10月15日スタート
     毎週日曜日夜9時~
・原作:池井戸潤「陸王」(集英社刊)
・出演者:役所広司、寺尾聰、
     山﨑賢人、竹内涼真、
     上白石萌音、風間俊介、
     市川右團次、ピエール瀧、
     阿川佐和子 ほか
・主題歌:未定
・脚本:八津弘幸
   (「下町ロケット」、
    「流星ワゴン」、
    「ルーズヴェルト・ゲーム」、
    「半沢直樹」、
    「家政婦のミタゾノ」ほか)
・演出:福澤克雄
   (「愛していると言ってくれ」、
    「砂の器」、
    「華麗なる一族」
    「MR.BRAIN」
    「半沢直樹」
    「流星ワゴン」
    「下町ロケット」
    「小さな巨人」(監修)ほか)
    田中健太
   (「小さな巨人」、
    「下町ロケット」
    「流星ワゴン」
    「半沢直樹」ほか」)
・プロデューサー:伊與田英徳、
    飯田和孝、川嶋龍太郎
   (「半沢直樹」、
    「流星ワゴン」、
    「下町ロケット」
    「小さな巨人」ほか)





ドラマ「陸王」の予告動画

ドラマ「陸王」の出演者とキャスト

宮沢紘一(役所広司)

埼玉県行田市にある老舗足袋業者
「こはぜ屋」の四代目社長。
100年続いた老舗の旅業者ではあったが
経営が厳しく、「裸足感覚」の
ランニングシューズ「陸王」を開発して
新規参入に挑む。

飯山晴之(寺尾聰)

素材「シルクレイ」を作る
「飯山産業」の元社長。

「陸王」に欠かせない素材を作り
宮沢を助ける。

宮沢大地(山崎賢人)

宮沢の息子。
5代目の苦悩を抱える。

茂木裕人(竹内涼真)

学生時代に箱根駅伝5区を走った
有力選手。

実業団期待の新人だったが、
国際マラソンで膝を痛めてしまう。

フォーム改善を研究するうちに、
こはぜ屋のランニングシューズ「陸王」に
出会い、開発に関わる。

正岡あけみ(阿川佐和子)

「こはぜ屋」の縫製課リーダー。

平均年齢60歳のこはぜ屋の
縫製課リーダーでムードメーカーの
元気なおばちゃん。

ベテランゆえに縫製技術はダントツ!
新規事業「陸王」の開発メンバーとなる。

小原賢治(ピエール瀧)

「こはぜ屋」のライバル、
大手スポーツメーカー「アトランティス」の営業部長。

一流大学を卒業後、アメリカの有名大学で
経営修士号を取得しているエリート。

利益至上主義で、目上に敬意を払うと
いうことは一切なく、部下に汚れ役を
押し付ける冷徹な性格。


「陸王」は原作が600ページ近くあり
じっくり読み込んでいたので、
ドラマ化されるのがとても楽しみです!

「半沢直樹」や
「ルーズヴェルト・ゲーム」の
池井戸潤原作なので、
ドラマも絶対に面白いこと
間違いなし!!

陸王の主人公は、
これまでの池井戸作品のなかでも
やや年齢が高めですが、

久しぶりの連続ドラマ出演の
役所広司さんが、
開幕直前の放送でも
意気込んでいました。

経営難の老舗足袋業者の
社員たちを演じる役者たちは、
味のあるベテランばかり!!

それに対して、息子の宮沢大地や、
ランニングシューズの開発に携わる
陸上部のメンバーは若々しく、

老若男女問わず、
幅広い年齢層が楽しめるドラマに
なりそうです。

原作が面白かっただけに、
本当に楽しみです。

個人的には、
「ルーズヴェルト・ゲーム」で
野球部の活躍、逆転劇に感動しましたが、

今回も駅伝というスポーツの醍醐味、
現場の熱さ、一体感が
ドラマを通じて伝わってきそうです。

秋ドラマなので、
年始の箱根駅伝に向けて、
盛り上がっていくこと間違いなさそう。





ドラマ「陸王」相関図

情報が入り次第、アップします!
お楽しみにお待ちください!

ドラマ「陸王」ネタバレあらすじ

ドラマ化されれば、必ず大ヒット!!

観れば絶対に感動が得られる
池井戸潤原作のドラマ。

小説「陸王」が2016年に単行本化されて
2017年1月の駅伝で撮影が開始された
というハイスピードでのドラマ化。

ドラマ「半沢直樹」「流星ワゴン」
「下町ロケット」「小さな巨人」
といった池井戸潤原作のドラマを
制作したスタッフが終結!

またまた主人公がピンチを
どう乗り越えるのか、
ハラハラドキドキのストーリーです。

そして、ラストは
駅伝のラストスパートで
すっきり爽快なドラマを
見せてくれそうですね!!

100年続く老舗足袋業者の
「こはぜ屋」4代目社長の
宮沢紘一(役所広司)は、

経営難の会社を立て直すために
ランニングシューズの開発に
手をかけます。

足袋業者のノウハウを活かした
「裸足感覚のランニングシューズ」
陸王を創り上げるべく本葬します。

新しいシューズの開発は
地方零細企業の「こはぜ屋」にとっては
難事業。

資金面、人材、開発力、販売力と、
すべて足りない中で、
宮沢の周りの人々が彼を支え、
人脈が繋がり困難を乗り越えていきます。

そして、世界的なスポーツメーカー
アトランティスがライバルとなり、
「こはぜ屋」の前に立ちはだかり、
大きな障害となります。

「こはぜ屋」は危機を脱して、
ランニングシューズ「陸王」を
作り上げることができるのか?

目が離せません!!

このドラマでは「陸王」の開発を
めぐるシーンのほかに、
迫力あるマラソン・駅伝のシーンにも
注目です!!

臨場感を出すために
「駅伝」のシーンでは、
実際に2017年1月の
「箱根駅伝」の現場で撮影が行われました。
ランナー役の竹内涼真さんは、
サッカーの経験はあるものの、
長距離走は初めてということで、

相当なトレーニングをこなして
身体づくりをされたそうです。

本物のランナーのような
筋肉の付き方がすごいですね!!

役者一人ひとりが役になりきるために
大変な準備をして臨んだドラマ、
「陸王」。

期待して待ちましょう!!

引用画像
http://www.tbs.co.jp/rikuou_tbs/