深夜ドラマ”ブラックリベンジ”がスキャンダルを暴き、スカッとする!と急上昇で話題になっていますが、見逃した方や録画に失敗した方もいらっしゃるのでは?と思います>_<

今回は、ドラマ”ブラックリベンジの動画の視聴方法をご紹介していきます☆

ネットで検索してみると、YouTube(ユーチューブ)やDairyMotion(デイリーモーション)、pandora(パンドラ)といった海外の動画共有サイトも見つかります。

しかし、こういった海外の動画共有サイトでは、動画の画質が悪くてストレスだったり、すぐに削除されて見られなかったり、違法サイトでは場合によっては個人情報を抜き取られるケースもあるようです。

そこで、無料で、安心かつ安全に動画を視聴することができる方法をご紹介しようと思います!

ドラマ”ブラックリベンジ”の是非見てほしい、みどころもご紹介していますが、視聴方法をいち早く知りたい方は、目次の「4.”ブラックリベンジ”を安全に視聴する方法」をクリックしてくださいね。

くれぐれも違法サイトには気をつけて、ドラマ”ブラックリベンジの動画視聴を楽しみましょう!

“ブラックリベンジ”のストーリーとあらすじ

“ブラックリベンジ”のストーリー

まずは、この予告動画をご覧ください!!

ちょっと前に話題になった、松居一代さんのYoutube動画騒動に似てる!!と話題になった、ドラマ”ブラックリベンジ”の予告動画です。

スマホで撮影(している風?)ところや、「私は〇〇を許さない!」と宣言しているところなど、動画の作りが本当にそっくりですね!

ドラマ”ブラックリベンジ”自体が「スキャンダル」をテーマにしており、時事ネタもうまく取り入れながら、「スキャンダル」について視聴者に訴えていく姿勢なのかもしれません。

ストーリーもかなりリアルなスキャンダルの裏側を期待できそうですよ!

5年前、今宮沙織(木村多江)が愛する夫、寺田圭吾(高橋光臣)と過ごしたかけがえのない日々は、一瞬の内に音を立てて崩れ落ちた。

将来有望な政治家だった圭吾は「週刊星流」に裏金スキャンダルと愛人スキャンダルをスクープされ、それを苦に自殺。

さらに沙織はそのショックで生まれてくる新しい命も失ってしまう。

しかし5年後、沙織はその記事がねつ造であったことを圭吾の遺言動画で知ることになる。

「私は絶対に許さない。あなたが受けた屈辱を、私が味わった苦しみを、彷徨い歩いた地獄を。同じ絶望を与え、地獄の底に叩き落す」

沙織はスキャンダルをねつ造した塚本修二郎(神尾佑)、愛原サユミ(芹那)、南條夕子(横山めぐみ)を社会から葬るために復讐を誓う。

引用元:『ブラックリベンジ』公式サイト http://www.ytv.co.jp/blackrevenge/story/

世間では週刊文春の記事が「文春砲」なんて言われて、かなりぶっこんだスキャンダルをすっぱ抜いて世間にを賑わせていますね。

まさに、そんなご時世に「スキャンダル」をテーマに取り上げて、人間の暗い部分や、精神的に追いやられた状況などを描き出した復讐劇です。

木村多江さん演じる、主人公の今宮沙織がスキャンダルを武器に自分の人生をめちゃくちゃにした相手に対して復讐する、という、これまでになかったドラマになっています。

“ブラックリベンジ”1話のあらすじ

5年前、今宮沙織(木村多江)が愛する夫、寺田圭吾(高橋光臣)と過ごしたかけがえのない日々は、一瞬の内に音を立てて崩れ落ちた。

将来有望な政治家だった圭吾は「週刊星流」に裏金スキャンダルと愛人スキャンダルをスクープされ、それを苦に自殺。

さらに沙織はそのショックで生まれてくる新しい命も失ってしまう。

しかし5年後、沙織はその記事がねつ造であったことを圭吾の遺言動画で知ることになる。

「私は絶対に許さない。あなたが受けた屈辱を、私が味わった苦しみを、彷徨い歩いた地獄を。

同じ絶望を与え、地獄の底に叩き落す」沙織はスキャンダルをねつ造した塚本修二郎(神尾佑)、愛原サユミ(芹那)、南條夕子(横山めぐみ)を社会から葬るために復讐を誓う。

「週刊星流」の編集部では、編集長の福島勲(佐藤二朗)、デスクの天満龍二(平山浩行)、記者の芦原咲良(岡野真也)たちが盛り上がっていた。

スクープを連発する「週刊星流」は売り上げが伸び、先週号は50万部を突破したのだ。

そこに契約ライターの沙織が新たな芸能スクープを持って現れる。

福島がすごいスクープを次々に持ってくる事に驚いていると、沙織はもう1つ大きなネタがある事を報告。

それは、もうすぐ大臣になると噂の協民党、塚本議員に愛人がいるというスキャンダル情報だった。

福島は沙織が塚本に密着する事を許可。天満は勉強のため、芦原をアシスタントとして沙織につける事に。

沙織と芦原は塚本の後援会のパーティーが催されたホテル前で張り込みをする。

塚本と妻の渚(高橋かおり)は支援者たちの見送りをしていた。

沙織は支援者の1人であるドレス姿の女性を見つけると、「あの女、24時間尾行して」と芦原に命じる。

夕方、沙織はバーの開店準備をする圭吾の秘書だった高槻裕也(堀井新太)に会いに行く。

高槻は新たなスクープネタが入った茶封筒を取り出して沙織に差し出す。

「あなたのネタのおかげで星流に溶け込めた。感謝している」「ネタはいくらでも用意します」沙織は「また連絡する」と言って去っていく。

翌朝、芦原は尾行していた女性の事を沙織に報告する。

女性は銀座にある高級クラブの№1ホステスの彩香(白羽ゆり)と判明。

沙織は彩香が塚本のプロ愛人だという情報を掴んでいた。

相手に一切の迷惑が掛からないように痕跡を全く残さないプロ愛人。

それでも沙織は彩香に自分が愛人だと独占告白させようと考えていた。

沙織は塚本を24時間尾行するように芦原に命じる。

夕方、沙織は圭吾の墓参りに行き、妹の石山綾子(中村映里子)とその息子の悠斗とばったり会う。

この日は圭吾の命日だった。

5年間、田舎の療養施設で静養していた沙織。

綾子は戻ってきた沙織が「週刊星流」で働き始めた事を心配する。

沙織は塚本の動きを芦原に訊ねる。

芦原は塚本と彩香が接触する事はなかったが、一応写真を撮ってきたと伝える。

編集部員たちは使える写真がないと呆れるが、沙織は「ありがとう、助かった」と写真から新たな情報を掴んでいた。

後日、沙織と芦原はアポを取り、開店前に彩香から塚本の後援会のメンバーとして話を聞く。

沙織は塚本に愛人がいた事を彩香に教え、塚本とサングラスをしたきれいな女性が並んでいる写真を見せる。

その愛人は六本木のクラブで働く雪乃という女性だった。

沙織は塚本が雪乃に結婚を申し込んだ事を彩香に教える。

「冗談でしょう?先生には奥さんとお子さんがいらっしゃるんですよ?」と信じようとしない彩香に決定的な証拠として婚姻届けのコピーを見せる沙織。

婚姻届けの夫になる人の欄には塚本の名前と住所が記載されていた。

だが、雪乃の目当てはあくまでも塚本のお金。

雪乃が結婚を断ると、塚本は雪乃にしつこく付きまとうようになり、嫌気が差した雪乃は不倫の事実を公表し、愛人関係に終止符を打とうと決めたという。

プロ愛人の彩香は沙織の揺さぶりにも動揺せず、後援会のメンバーという立場を崩さない。

この後、沙織は写真と婚姻届けが入った封筒をテーブルに置いたまま去っていく。

彩香が封筒の中身を確認すると、そこには雪乃のインタビュースケジュールと撮影場所の地図も入っていた。

帰り道、芦原が別にも愛人がいた事に驚いていると、沙織は向こうから連絡があった事を教える。

沙織は芦原と別れ、クリニックで糸賀朱里(鈴木砂羽)のカウンセリングを受ける。

「私は正しいことをしているんでしょうか?自分では心の奥から湧き上がってくる衝動を止めることが…」

「その衝動に従いなさい。あなたがやろうとしていることは間違っていないから」

沙織は朱里の言葉に安心しきった表情を浮かべる。

インタビュー当日、沙織と芦原が待つレストランに帽子にサングラス、マスクをした雪乃がやってくる。

早速、沙織がインタビューを開始すると、そこに彩香が現れる。

「あなた、先生の愛人なんですって?」

「・・・」

「何とか言いなさいよ!あんた何者なの!?一体どういうつもり!?」

興奮した彩香は雪乃の腕を力強く掴む。

彩香は間に入ろうとする沙織を払い除け、「この女が言っている事は全部ウソよ」と続ける。

「この写真だって合成じゃない!先生はこんな軽率な行動を取る人じゃない!」

「あたなに何がわかるの?」

ついに雪乃が沈黙を破って反撃を開始する。

雪乃と彩香は激しく罵り合って修羅場になるが・・・。

果たして、塚本を地獄の底に叩き落そうとしている沙織が2人を引き合わせた思惑とは・・・。

引用元:『ブラックリベンジ』公式サイト http://www.ytv.co.jp/blackrevenge/story/

“ブラックリベンジ”2話のあらすじ

 5年前、将来有望な政治家だった寺田圭吾(高橋光臣)は「週刊星流」にスキャンダル記事を掲載され、それを苦に自殺。

妻の今宮沙織(木村多江)は最愛の人、生まれてくる新しい命を奪われてしまう。

しかし、実は圭吾のスキャンダルはねつ造だったことを知ってしまった沙織は、「週刊星流」契約ライターになり、スキャンダルをねつ造した塚本修二郎(神尾佑)、愛原サユミ(芹那)、南條夕子(横山めぐみ)への復讐を誓う。

結婚式を10日後に控えた人気絶頂の女優、愛原サユミ。

結婚相手の有島純(永岡佑)は年商1500億円を誇るIT企業のイケメン社長だった。

沙織は5年前に「週刊星流」に掲載された圭吾と女性Aの不倫ベッド写真を見る。

目に線が入っているが、女性Aの正体はサユミだった。

「週刊星流」編集部もサユミの結婚の話題で盛り上がっていた。

沙織は「彼女は大きな秘密を隠しています」とサユミを追っている事を編集長の福島勲(佐藤二朗)に報告。

下手を打ったら裁判沙汰の可能性もあるが、福島は沙織がサユミに密着する事を許可する。

沙織はサユミのインスタグラム、ツイッターの写真を全てチェックしてと記者の芦原咲良(岡野真也)に指示を出す。

この後、沙織は福島とエレベーターで2人きりに。

この時、福島はサユミと気付いてる人は誰もいないが、5年前にサユミが「週刊星流」に掲載された事を沙織に教える。

編集部ではデスクの天満龍二(平山浩行)が圭吾の不倫ベッド写真のバックナンバーを読んでいた。

天満は沙織が塚本、サユミを続けて狙った事に疑惑の念を抱く。

高槻裕也(堀井新太)はサユミの元交際相手10人のリストを沙織に手渡す。

世間的には清純派女優で通っているが、裏では俳優、モデルらと派手な恋愛を繰り返してきたサユミ。

驚く事にサユミは元カレ全員を結婚式に呼んでいた。

これだけ遊んでいてもサユミは週刊誌にスクープされた事が一度もなく、高槻はマネージャーの足立奈津(小野ゆり子)が裏で手を回していると睨む。

デビュー当時から担当マネージャーの奈津はサユミの幼馴染み。

サユミがここまで売れたのは奈津の力が大きかった。

夜、サユミは南條から結婚を祝福される。

サユミは「私が売れたのはママの会社のCMに出てからだもん」と南條に感謝。

サユミは塚本の記事を見たかを南條に訊ねる。

サユミは塚本が自分たちの事を喋らないかと不安になるが、南條は「手を組んだのはあの時だけ・・・。今更何言われたとしても時効よ」と開き直る。

沙織は帰宅して圭吾が自殺直前に撮影した映像を再生。

圭吾は「俺は何もやってない。愛原サユミ・・・。俺はあんな女は知らない。睡眠薬で眠らされて、その隙に撮られたんだ」と身の潔白を主張していた。

沙織は取材を拒否した奈津に直撃取材を敢行し、サユミの結婚特集を組むのにどうしても奈津のコメントが必要だと直談判する。

沙織は公園のステージの写真を取り出すと、奈津は「どこにも話した事ないのに・・・」と手に取る。

それは23年前、サユミと奈津が幼稚園の頃に毎日踊っていたステージだった。

中学卒業までアイドル目指して一緒のダンススクールに通っていた奈津とサユミ。

才能がないと途中で諦めた奈津はサユミに夢を託し、自分はマネージャーになって支える道を選んだのだ。

芦原はサユミのSNSの写真をフォルダに分類し、写真の詳細を沙織に報告する。

沙織は全てのフォルダをメモリーカードにコピーした後、何の説明もせずに元カレ10人のリストを芦原に渡し、動画でサユミへのお祝いコメントをもらってきてと頼む。

高槻はバーにやってきた有島に新しいビジネスの話を持ち掛ける。

有島はいろいろ面倒臭い世界だと尻込みするが、高槻は先方と話をつけてあると説得を試みる。

沙織はサユミの写真フォルダを開き、名前や顔写真から奈津や友人たちのSNSを次々と特定。

沙織は全員のフォロー欄に鍵のかかった同じアカウントが存在する事に気付いてニヤリと笑う。

サユミは所属事務所を移籍する事を発表し、「週刊星流」編集部でもその話題が上がる。サユミが移籍するのは大手事務所。今回の移籍には結構な金が動いたという噂だった。天満は沙織が追っていたサユミの秘密は今回の移籍だと考える。

だが、沙織は「彼女の闇はこんなものではありません」ともっと大きなスキャンダルがある事を匂わせて微笑む。

報道陣が集まるサユミの前事務所。

奈津は相談もせずに移籍を決めたサユミに怒りを露にする。

「いちいち怒鳴らないでよ。お金で話はついたって言ってたし。もう奈津は私で十分稼いだでしょ!?」

「何なのその言い方!?私たちずっと一緒に」

「旦那が大手の方がいいって言うんだからしょうがないじゃん!その方が私も儲かるし!」

2人は激しく言い争う。

サユミは言いたい事を言うと去っていく。

夕方、沙織は公園のステージ前にいる奈津に会いに行く。

ちゃんと話し合えばサユミを説得できると信じる奈津だったが、沙織は「彼女が考え直す事はありません」と大手事務所との契約書のコピーを見せる。

そして、沙織はサユミが奈津の事をただの引き立て役としか思っていない事を教える。

サユミは奈津と一緒にいて、ずっと優越感に浸っていたのだ。

それはSNSの写真からも明らかだった。

奈津や一般の友達の一緒に撮影した写真に込められたサユミの裏メッセージは「地味な友達とも分け隔てなく仲良くしてる私。庶民的で素敵でしょ?」だが、本心は「ブスは美人の引き立て役」なのだ。

奈津はサユミに利用され、見下されてきた事に気付き、「このまま失うくらいなら・・・。私の手で殺してしまいたい」と本音を吐露する。

沙織はサユミを骨の髄まで炎上させるため、奈津を連れてサユミと有島の結婚式会場にやってくる・・・。

引用元:『ブラックリベンジ』公式サイト http://www.ytv.co.jp/blackrevenge/story/

“ブラックリベンジ”3話のあらすじ

将来有望な政治家だった寺田圭吾(高橋光臣)は「週刊星流」にスキャンダル記事をスクープされ、それを苦に自殺。

妻の今宮沙織(木村多江)は最愛の人、そして生まれてくるはずだった新しい命を奪われる。

5年後、そのスキャンダルがねつ造された事を知った沙織は「週刊星流」の契約ライターになり、スキャンダルをねつ造した塚本修二郎(神尾佑)、愛原サユミ(芹那)、南條夕子(横山めぐみ)への復讐を誓う。

そして、沙織は塚本、サユミのスキャンダルを暴き、2人を社会から葬り去り、地獄の底に叩き落す。

便利屋の城田純一(DAIGO)は「週刊星流」デスクの天満龍二(平山浩行)から沙織の事を探れと依頼され、沙織の自宅に侵入する。

天満は圭吾をハメた塚本、サユミのスキャンダルを暴いた沙織の狙いを知りたがっていた。

城田は壁に貼られた圭吾の記事や妊婦の沙織と圭吾の写真、塚本たちの写真を見て、沙織が何をしようとしているか察する。

 最後の1人、南條夕子に復讐するために動き出した沙織。

高槻裕也(堀井新太)は南條が自宅とは別にマンションを借りている事を沙織に教える。

ネット通販会社の女社長、南條は美魔女セレブとして世間に知られているが、怪しい噂も絶えなかった。

父親の南條常康は圭吾との不正な金銭のやりとりにより、社長職を辞任し、その後任として娘の南條が社長に就任。

南條は社長の座につくため、スキャンダルをねつ造して実の父親を告発したのだ。

沙織は南條に密着したバラエティー番組、南條の会社のカタログ、どちらにも川崎隼也(大和孔太)が使われている事に気付き、「調べてほしい事がある」と高槻に頼む。

 天満は沙織の調査状況を城田に確認する。

城田は隠し撮りした沙織の写真を見せ、「特に何も進んでないッス」とウソの報告をする。

天満はサユミの結婚式場から出てくる沙織と高槻の写真に目を留め、高槻について訊ねる。

城田は高槻が有名な投資家で、暇つぶしにバーテンもやっている事を教える。

天満は引き続き、沙織の調査を城田に任せる。

「週刊星流」編集部に集まる編集部員たち。

スクープを連発する沙織は編集長の福島勲(佐藤二朗)から一目置かれ、自由に取材できる権限を与えられていた。

沙織は南條の写真を芦原(岡野真也)に渡し、「彼女のマンションに出入りする人間を全員撮ってきて」と指示を出す。

沙織が編集部を出た後、天満は沙織に頼まれた内容を芦原に確認。

南條の密着と聞いた天満は言葉を失う。

この後、天満は沙織を編集部に入れた理由を福島に訊ねる。

福島は沙織がスクープ写真3ネタを持って「契約ライターとして雇ってくれ」と売り込みに来た事を教える。

天満は「もしかしたら彼女、星流に何か良くない事をもたらすかもしれませんよ」と忠告するが、福島は「そんな事ないだろ~。考え過ぎじゃないか~?」と気にも留めない。

 城田は「寺田圭吾さんの事でお話があるんですけど・・・」と歩いていた沙織に声をかけ、雑居ビルの屋上に連れて行く。

城田は沙織の部屋の壁に貼られた雑誌の切り抜きや記事を収めた写真を見せ、「お前が復讐している事をバラされたくなかったら1000万円用意しろ。1週間後の夜9時にここで受け取る」と恐喝して去っていく。

沙織はクリニックを訪れ、恐喝された事を糸賀朱里(鈴木砂羽)に打ち明ける。

朱里は怒りに震える沙織の頭を撫でながら「大丈夫。あなたの事は私が守ってあげるから」とやさしく声をかける。

「南條を私の手で必ず地獄に叩き落す」

朱里に諭された沙織の瞳には再び狂気が宿っていた。

高槻はそんな2人の会話を盗聴。

高槻は沙織の鞄に盗聴器を仕掛けていたのだ。

その時、バーに天満が現れる。

高槻は閉店を理由に入店を断ろうとするが天満だと気付いて入店させる。

天満は高槻に探りを入れ、高槻が沙織の協力者だと確信する。

 3日後、芦原は南條のマンションに出入りした人間の写真を沙織に見せる。

沙織が隼也の写真を凝視すると、芦原は隼也が3日連続でマンションに現れた事を沙織に報告。

隼也はあまり売れていない俳優兼モデルだった。

沙織は隼也が南條に密着したバラエティー番組、南條の会社のカタログに起用されていた男性と同一人物だと気付く。

石山綾子(中村映里子)は復讐を続ける姉の沙織の事を心配し、朱里のクリニックに相談に行く。

朱里は心配しなくて大丈夫と綾子を諭し、「あの事は言えたの?」と訊ねる。

綾子は目をそらし、朱里はまだ言えてないと察する。

「私、怖いんです。もしあの話をしたら、次は私が・・・」

「復讐されるかもしれない?不安に思う気持ちもわかる。でも、あなたたちは血を分けた姉妹なんだから・・・。きっと大丈夫よ」

朱里はうつむく綾子をじっと見つめる。

 高槻は天満がバーに来て、あなたの事を探っていたと沙織に教える。

5年前に圭吾の記事を書いたのは天満だった。

沙織は天満が正体に気付く前に全てを終わらせると覚悟を決める。

この後、高槻は調べてほしいと頼まれていた南條と隼也の接点を沙織に報告。

隼也は南條の系列会社のCM3本に端役として出演し、雑誌のモデルの仕事も増えているという。

沙織は南條が芸能の仕事をエサに隼也を食い物にしていると確信する。

翌日、沙織は雑誌の撮影を終えた隼也に直撃して説得を試みる。

沙織は隼也に南條との関係を独占告白させようと考えていた・・・。

南條を地獄の底に叩き落し、復讐を完遂させるために・・・。

引用元:『ブラックリベンジ』公式サイト http://www.ytv.co.jp/blackrevenge/story/

“ブラックリベンジ”4話のあらすじ

将来有望な政治家だった寺田圭吾(高橋光臣)は「週刊星流」にスキャンダル記事をスクープされ、それを苦に自殺。

妻の今宮沙織(木村多江)は最愛の人、そして生まれてくるはずだった新しい命を奪われる。

5年後、そのスキャンダルがねつ造である事を知った沙織は「週刊星流」の契約ライターになり、スキャンダルをねつ造した塚本修二郎(神尾佑)、愛原サユミ(芹那)、南條夕子(横山めぐみ)への復讐を誓う。

沙織は南條が美少年愛人倶楽部を運営している事を突き止めるが、記事にするには店のサイトの存在と南條が運営している証拠が必要だった。

南條が運営する証拠を掴めない沙織だったが、そんな時、差出人が圭吾のメールが届く。

数日後、南條が経営するネット通販会社の設立10周年&オリジナルブランド発表会が開催される。

沙織は南條を地獄の底に叩き落すために奇策を仕掛けるが・・・

引用元:『ブラックリベンジ』公式サイト http://www.ytv.co.jp/blackrevenge/story/

“pandoraTV”とは?危険なサイト?

“ブラックリベンジ”の視聴方法をお伝えする前に、動画サイトで検索すると出てくる”pandoraTV”というサイトがどんなサイトなのかをご説明しておこうと思います。

“pandoraTV”は韓国のパンドラTV社という企業が運営している動画共有サイト“ブラックリベンジ”も”pandora”にアップロードされているものは、日本のテレビ局の著作権を侵害している違法動画ということになります。

まず、違法動画である、ということは必ず認識しておきましょう!

“pandoraTV”の視聴は辞めるべき3つの理由

ネットで検索をして、過去のドラマを簡単に、無料で見ることのできる”pandoraTV”。

違法動画であるとはいえ、たしかに便利ですし無料といったメリットもあるように感じますが、そのデメリットは必ず知っておいた方がよいと思います。

画質・音質が非常に悪い!探すのに時間がかかる!

この記事をお読みになって頂いている方で、過去に”pandoraTV”で動画を見たことがある人はおわかりかと思いますが、”pandoraTV”で再生した動画の画質や音声はかなり悪く、テレビで見るような高画質な動画ではありません。

動画と音声がズレてしまっていたり、動画の再生スピードが倍速になっていたりと、加工されていることも非常に多いのが実情です。

そして、何よりも、ドラマを作ってくれた制作側にとっては、違法動画が横行してしまっては死活問題になりますので、ドラマの動画がアップされていたらすぐに動画削除依頼がされます。

削除依頼がされると、ドラマ名で検索して引っかかりはするのですが、実際にアクセスしてみると、動画が削除されていて見れないということになるのです。

そのため”pandraTV”のサイトは削除済みの動画だらけになり、「探すのに時間がかかったのに、結局見られなかった!」ということもあります。

著作権侵害の動画視聴は違法!

著作権侵害の動画については、日本のドラマやテレビ番組はこういった違法動画によって損失を受けているので、著作権侵害のドラマについて訴えています。

テレビのニュースでは、違法アップロードで逮捕されたというニュースがメディアで大きく取り上げられることはありませんが、ネットで調べると結構たくさん出てきます。

また、過去にパンドラTV社はJASRACに著作権侵害で訴えられているんです。

その時に運営していた動画共有サイト”TVブレイク”は閉鎖を余儀なくされています。

映画が始まる前に放映される動画でご存知かとは思いますが、違法動画をアップロードするだけでなく、違法動画と知っての視聴・ダウンロードをするだけで、著作権を侵害したとされ有罪になってしまいます。

この場合の懲罰は、著作権違反として「2年以下の懲役又は200万円以下の罰金刑」が課せられることになっています。

不正アクセスでウイルス感染が発生!

違法行為で罰金が科されることがある、と言われてもなかなかピンとこないかもしれません。

デメリットとして、一番身近で現実味がある被害は、不正アクセスによるウイルス感染です。

“pandoraTV”はシステムに脆弱性があり、過去に不正にアクセスされ、利用者がウイルスに感染するという事件が起きています。

どういうことが起こったかというと、過去に起きた事件ではサイトを単に閲覧しただけでウイルス感染するようなプログラムが仕組まれており、「利用者の銀行口座情報」が狙われました。

また”pandoraTV”を視聴していると、自然とウイルスセキュリティソフトが起動するといった声も多くあります。

実際に動画を視聴してみるとわかるのですが、“pandoraTV”は広告がとても多く、その中で怪しげな広告をうっかりクリックしてしまうとウイルスに感染してしまう可能性があります。

パソコンがウイルスに感染すると、自分のパソコンがおかしくなるだけでなく、個人情報が危険にさらされてしまい、大きな損害を被りかねません。

以上のような理由から、”pandoraTV”で動画を視聴することはおすすめできません。

“ブラックリベンジ”をpandoraTV以外で視聴する方法

“pandoraTV”で動画を視聴することは危険が多すぎるのでオススメできませんが、無料で観られるというのは魅力的なものですね。

「たしかに、危険なのはわかったけど・・・やっぱり無料で見たい!」という人のために、良いサービスがあります。

オンラインビデオサービスのU-NEXT(ユーネクスト)です。

このU-NEXT(ユーネクスト)は、通常は月額1,990円(税抜)のサービスですが、現在はなんと31日間無料キャンペーン中!!

なので、キャンペーン中に見て解約すればお金はかかりません。

“ブラックリベンジ”を見るのにU-NEXT(ユーネクスト)がオススメな理由

U-NEXT(ユーネクスト)は有料サイトだからこそ、その分サービスも充実していて安心でき、また内容も非常に充実しています!

そのメリットとデメリットを紹介したいと思います。

安心・安全な公式動画の配信サイト!

U-NEXT(ユーネクスト)は日テレとも提携しており、公式動画サイトなので”pandoraTV”のデメリットである動画の質の悪さや、ウイルス感染の可能性といった危険性が全て解消されます。

すぐに動画が見られる、削除されていない動画を探す必要がない

スッキリと高品質な動画が見られる

違法性がなく、著作権侵害のおそれがない

ウイルスの危険性がない

U-NEXT(ユーネクスト)では画質や音質が劣化してしまうことがない上に、「動画を探しているんだけれど、削除された動画ばかりにたどり着いて、いつまでたっても見れない」なんてこともありません。

また公式動画のため、無料の違法アップロード動画で「自分も著作権侵害に加担している・逮捕されるかもしれない」という不安が無くなり、何の気兼ねもなく動画を楽しむことができます。

もちろんウイルス感染の被害も出ていません。

“pandraTV”でデメリットだった、これらが解消されることはかなり大きいメリットだと思いますよ!

“ブラックリベンジ”を無料で見られる!

“ブラックリベンジ”を取り扱っているサイトはたくさんありますが、U-NEXTではいま無料キャンペーンを行っています!

もちろん、”ブラックリベンジ”以外にもたくさんの面白いドラマや映画も見放題なので、好きな時に好きな動画を視聴するのにサービスに加入することをオススメしますが、“ブラックリベンジ”だけを視聴して、キャンペーン中に解約をすれば、完全無料で観るということも可能といえば可能です。

“ブラックリベンジ”が全話見放題!他のドラマ・映画もたくさん

U-NEXTでは”ブラックリベンジ”は見放題対象作品になっているので、1話だけでなくすでに放送されている話は全て視聴することができます。

なので、

「1話だけでなく、他の見逃しちゃった話も見たい!」

「あのシーンを、もう一度見たい!」

ということであれば、その話やシーンを好きなときに好きなだけ見ることができます。

また”ブラックリベンジ”のほかにも、ドラマや雑誌、映画など見放題対象の作品をかなり多く取り扱っています!

是非一度見てみてくださいね。

U-NEXTは本当に無料!?デメリットは?

会員登録が必要

無料キャンペーンの31日間経過後は、月額1,990円になる<.s 「本当に無料か?」ということに関しては、無料キャンペーン期間中に解約をすれば、間違いなく無料です!

何が何でも絶対に無料で見たい!という人は動画を見終わりましたら、無料キャンペーン中に解約をすることをオススメします。

ただ、もし解約をし損ねてしまったとしても、月額1,990円(税抜)なので、月の日数で割ったら1日60円程度です。

その場合は、ほかのドラマや映画をたくさん見ましょう!

レンタルショップで借りるよりもはるかに安く済みますし、貸出中で借りれないということもありません。

何作品か動画を見れば、すぐに元を取ることができます。

⇒【AD】U-NEXT公式サイトはこちら

“ブラックリベンジ” 3つの見どころ

各話のあらすじは上で書いていますが、ドラマ”ブラックリベンジ”の見どころをご紹介しますね!

主人公の痛快な復讐劇!

ドラマの冒頭から、木村多江さん演じる主人公、今宮沙織の復讐の誓いの言葉からはじまります。

ただ、復讐と一言でいっても、サスペンスドラマのように相手を殺したりするわけではありません。

主人公は、今は亡き夫がスキャンダルによって自殺に追いやられ、また身ごもっていた我が子を失ったために、その相手にスキャンダルによって復讐をしていきます。

復讐の仕方も、その相手に応じて、一番ダメージになるであろうタイミングやシチュエーションになるように仕掛けていくので、見ていて一種の爽快感があります。

普段生活しているなかで、上司に腹が立つ、あいつがムカつく、といったように声を大にして言えなくても、「できるなら復讐してやりたい・・・」と思うことは、ひょっとしたら誰にでもあるものなのかもしれません。

そんな復讐心をスカッと発散させてくれる、痛快な復讐劇が繰り広げられます。

“ブラックリベンジ”は元週刊文春記者が監修!

ドラマ”ブラックリベンジ”のテーマは、スキャンダル。

スキャンダルといえば、芸能人や政界の人間にとってはかなりの痛手になるものですが、その現場やスクープはどうやって情報収集されるのか気になりませんか?

“ブラックリベンジ”はなんと、元週刊文春の記者が監修しているんです!!

週刊文春といえば、”文春砲”といわれるように、今や知らない人はいない「ゲス不倫」をはじめとする、様々なスキャンダルを世に送り出してきました。

文春の元記者が監修に入った、今宮沙織のずば抜けた仕事人っぷりにも注目しましょう!

生々しいくらいにリアルで、かつエキサイティングなドラマであることには間違いありません。

スキャンダル当事者が罵倒しあうリアルな現場

1話では、政治家の奥さんの目の前で、その政治家のプロ愛人に「自分が愛人だ」と告白させました。

目の前でそんなことをされた奥さんの気持ちってどうなんでしょう。

ドラマでは、その後のシーンで、女性同士の取っ組み合いが繰り広げられます。

このシーンが、怖いくらいにリアルすぎる。

2話でも、幼馴染だったタレントとマネージャーの本音がぶつかり合い、スカッとするくらいに見事な罵り合いが。。

スキャンダルの当事者がはち合わせるリアルな現場は、毎回見ものです!!

“ブラックリベンジ” みんなの感想

・ブラックリベンジ設定好きそうだから観てみたけど面白い。基本分かりやすくて良いなー。展開がスムーズ過ぎるからちょっと物足りなさ感じなくもないけどめんどくさいアレコレが無くてこれはこれで爽快感がある。復讐相手三人しかいなくて一話完結っぽいけど三話で復讐終わったらどうなるんだろ。

・木村多江さん、薄幸美人、涼やかで凛としている等、なんかうつし世感があって堪らなく大好きなんですが、ブラックリベンジ観始めて、復讐という名の狂喜(狂気)に踊らされている様がとっても艶っぽくて更に好きになりました。

・ブラックリベンジ ケラケラ笑いながら気楽に見れるドラマだな 闇は深いが、命は取らない復讐 社会的な死は死ぬほど辛いかもしれないが、本当の死よりは絶対にマシ しかも復讐される人々、底辺に落ちてもしぶとそうな面々なんだよこれがまた 不謹慎な笑いを誘う、その塩梅が絶妙 ゴーーーン

・木村多江さん主演のブラックリベンジ、マジ面白い(*’∀’人)♥*+ 夫を自殺に追い込んだ人間を物理ではなく、社会的に抹殺してくお話。 そして、DAIGOの怪演が光る。 DAIGO、めっちゃこわい(ㆆ_ㆆ)

・ブラックリベンジ すんごく面白いし木村多江は綺麗だし演技が上手だから引き込まれるんだけど、なんだか人間不信になる。ドラマなのは分かってるんだけどなんだか怖い。下手なホラー映画よりも現実味があって怖い

・ブラックリベンジ初回と2話。面白い!自殺した夫を陥れた人を不幸にしていく。割とドラマではよくある話だけど、、どーなっていくのかな?!明暗のテンポが良いので重すぎず軽すぎず見ることができそう。

・今クールもドラマが色々放送されるけど今の所視聴予定は先僕とブラックリベンジかな! 先僕はキャストも脚本もしっかりしていて心に刺さるセリフがある所が私の好みにドンピシャ! ブラックリベンジは一見ただの復讐ものに見えるけど実は色々裏がありそうで気になる。

まとめ

“ブラックリベンジ”を見逃してしまった場合は、pandoraTVよりU-NEXTで視聴することをおすすめします!

pandoraTVでの視聴はあまりにも危険やデメリットが多すぎて、自分の身に被害が及ぶ可能性がなきにしもあらずです。

U-NEXTは、無料キャンペーンが2週間設定されてはいますが、有料サービスなだけあって、納得いくサービスが受けられるようになっています。

安心安全な高品質な動画が見られる

“ブラックリベンジ”が見放題

“ブラックリベンジ”だけでなく、他にも動画・映画・雑誌が見放題

キャンペーン中に見て解約すれば完全無料で見られます。

⇒【AD】U-NEXT公式サイトはこちら

なお、配信が終了している、または見放題が終了している可能性がございますので、現在の配信状況についてはU-NEXTのホームページもしくはアプリをご確認ください。